NEWSニュース
2020/02/12REPORT

ナビクルが、中古車売却の実態を調査! 60歳以上、車の売却検討理由「免許返納」は、たった4%!

当社が運営する中古車一括査定サイト『ナビクル』(https://www.navikuru.jp/)において、中古車売却の実態を調査しました。

■調査結果サマリ

1.「乗り換え」を理由に売却を検討しているユーザーが全体の約6割
2.カーシェアリングやカーリースへの移行を理由にした売却は3%未満
3.20~30代はカーシェアリングよりカーリースを検討する傾向が高い
4.60歳以上の車の売却検討理由は「免許返納」が4%未満!
5.60歳以上のユーザーも引き続き乗り換え検討が6割

 

■まとめ
今回、車査定を申込したナビクルユーザーへアンケート調査を実施したところ、60歳以上の車の売却検討理由は「免許返納」が4%未満という結果になり「免許返納」を理由に売却する方は少ないことや、20~30代はカーシェアリングよりカーリースを検討している傾向が高いことが明らかになりました。

【調査概要】
調査エリア:全国
調査方法:中古車一括査定サイト『ナビクル』で車査定を申込したユーザーを
対象にアンケート調査を実施
調査期間:2019年12月27日~2020年1月5日
サンプル数:10,447件

■調査結果
「乗り換え」を理由に売却を検討しているユーザーが全体の約6割
車の売却を検討した理由を質問したところ、ナビクルユーザーの中古車売却理由は「車を乗り換えるため」と答える方が約6割を占めています。

カーシェアリングやカーリースへの移行は3%未満
カーシェアリングを利用するためと答えた方が0.9%、カーリースへ変更するためと答えた方が1.7%という結果になりました。新しいクルマの持ち方として最近話題となっているカーシェアリングやカーリースへの移行を選択した人は、合計で2.6%と実際の行動に移す人の割合はまだ少ないと言えます。

20~30代はカーシェアリングよりカーリースを検討する傾向が高い
カーシェアリングとカーリースを選択した年代を比較すると、カーシェアリングは40歳以上がボリュームゾーンになっているのに対し、カーリースは20代から幅広い層で検討されていることが分かりました。

60歳以上の車の売却検討理由は「免許返納」は4%未満
60歳以上の方に、車の売却を検討した理由を質問したところ、「免許返納」を理由に車の売却を検討しているのは、わずか4%という結果が明らかになりました。社会問題になり、2019年流行語大賞にもノミネートされた「免許返納」ですが、実際に「免許返納」を理由に売却する方はまだ少ないようです。

60歳以上の方も引き続き乗り換え検討が約6割
60歳以上の方に、車を売却検討している理由を質問したところ、「車を乗り換えるため」と答えた方が60.2%なっており、約6割が継続して自動車購入を検討している状況がみられます。

■『ナビクル』について
“愛車の今の価値を知りたい。”“車を売るなら高く売りたい!”
ご利用実績460万人の中古車の一括査定サイトです。
『ナビクル』では45秒のかんたんな情報を入力するだけで、最大10社に無料で一括査定依頼ができます。また、厳格な基準を満たした優良買取業者のみと提携しているため、大切な愛車の査定を安心して行うことができます。
・中古車一括査定サイト『ナビクル』 https://www.navikuru.jp/

―関連サービスー
・中古車お探しサービス『なびくる+』 https://a-navikuru.com/sale
・中古車情報サイト『ナビクルcar』 https://navikuru-car.com/